1. ホーム
  2. 使用上のお願い・日常のお手入れ

使用上のお願い・日常のお手入れ

表面にキズをつけないためのご注意

キズ防止のために

家具やイスが床に接する面にフェルトや柔らかいゴムキャップなどをつけると、キズを防ぐだけでなく、防音上も効果的。また、むやみにひきずらないように気をつけましょう。

カーペット・布団

床暖房の上には、カーペットや布団など放熱を妨げるものを置かないで下さい。こもり熱により、置いたものや床材が変形・割れ・変色する恐れがあります。

テープの固定

粘着テープ(ガムテープ・両面テープ・セロテープ・ビニールテープ)等でフローリング表面が破損する恐れがありますのでご注意ください。

※重量のあるキャスター等をご使用の場合は、床表面の傷防止として保護マットなどを敷いてお使い下さい。

竹フローリングについてのご注意

水ぬれは

フローリングの上に長時間濡れたままにしておくと、ヒビ割れ(剥離)やシミ、変色のもとになりますので、すぐに拭き取ってください。

・観葉植物などの鉢には、必ず水受け用の皿などを敷いてください。

・台所や洗面所周辺など、水が飛び散るおそれがある場所ではマットを敷いて保護してください。

・窓や縁側からの雨の吹き込みに注意してください。

・結露による水滴などに注意してください。

直射日光は

粘着テープ(ガムテープ・両面テープ・セロテープ・ビニールテープ)等でフローリング表面が破損する恐れがありますのでご注意ください。

冷蔵庫やピアノの重量物を置く場合

重量を分散させるために脚部の床上に小幅の板や専用のインシュレーターを必ず置き、移動する場合は必ず持ち上げて移動させてください。

ピアノや大きな書棚などの重量物を置く場合は、強度などの構造上の問題がありますので、施工店に事前に確認ください。

日常のお手入れは

乾いた雑巾やモップで

日常のお手入れはゴミやホコリを取り除き、乾いた雑巾やモップで拭いてください。

ひどい汚れは

乾拭きでゴミやホコリを取り除いたあと、固く絞った雑巾か、住居用洗剤(中〜弱アルカリ性)をふくませた雑巾で、汚れを拭き取ってください。
ただし、濡れ雑巾を頻繁にすると表面にヒビ割れが生じることがありますのでご注意ください。

カビの発生予防

フローリング表面に水分が付着したまま放置したり、多湿状態のままが続くとカビが生えることがあります。常に風通しを良くして、湿気がこもらないようにして下さい。

ワックスのご使用について

表面UV塗装仕上げの竹床材は、ワックスを塗らなくても耐久性は充分ありますが、ワックスで適切なお手入れをすることにより、美しい表面をいつまでも保つことができます。
(半年に1回程度のワックスかけで結構です)

ロウタイプ(水性、乳化性、油性)ワックスは使用しないでください。

樹脂ワックスの剥離材は床面の塗装を傷めるので使わないでください。

樹脂ワックスは塗装されていない床材には使えません。



※ダイヤバンブーは、㈱リンレイ社の推奨メーカーに指定されております。
◇その他のご用命は、弊社担当者にご相談下さい。


施工上のご注意

ダイヤバンブー商品(一般用・床暖対応・直貼用・腰壁用その他)の梱包ケースごとに施工説明書を入れております。施工前には必ずお読み頂いた上で施工して頂きますようお願い致します。

施工場所のご注意

ダイヤバンブー商品は屋外には使用出来ません。また屋内でも浴室・洗面他、多くの湯気・水分がかかる場所でのご使用は、カビや剥離・変色・腐れの原因となる事があります。